低速回線でのブラウジングを考え、写真の圧縮率を上げています。 ご了承ください。
写真をクリックすると大きな写真が表示されます。(解像度800x600)



アジアドは最初「アジア堂」という名前で営業していたそうです。

「アジア堂よりアジアドの方が良いだろ」・・・との事で

アジアドになったそうです。

ちなみに、アジアドのおばちゃんは富士森卒。

息子さんは富士森在学中なのだ。

アジアドの隣にあるアパート「第二山崎荘」

大家さんは夫妻そろって富士森高校卒だとか。

ちなみにこの山崎荘、現在は建築事務所として使われています。
店内に入るとアヒルがお出迎え。

「子供にウケると思って置いてみた」・・・そうです。

首から下げた「こんにちは」がいい味出しています。
アジアドのカウンター
写真だと手前はケーキ、奥はパンのケースになる。

パンを買うときのおばちゃんの暗算の早さは相変わらず。

消費税込みで即答デス!
カウンターを逆側から。

壁に卒業生からのサインが飾られている。


店内、自販機の横は自転車置き場。
アジアドのパンメニュー(2004年2月現在)

全種制覇してみたいものです。
チェリオの飲み物が充実したドリンクコーナー。

皆、アジアドへの感謝の気持ちでいっぱいです
左は初代あばれはっちゃくを演じた方、

右は吉本の「インパクト」というコンビ。

共に富士森の卒業生。

直木賞作家、篠田節子さんも富士森卒



戻る